太尾学童保育クラブのホームページをご覧いただきありがとうございます!

1980年に開所してから約40年、地域の方に愛され支えながら現在に至る、民間設立・民間運営の学童です。

大綱小学校から徒歩2分、大豆戸小学校から徒歩8分。

「はまっこ」や「放課後キッズ」では味わえない濃密な経験を、あなたも一緒に味わいませんか?


イベントのお知らせ

大倉山ウォークラリー開催!

来年度小学校ご入学予定の皆様にお知らせです。学童で大倉山ウォークラリーを開催します学童のイベントを体験していただきたいと考えました。学童の子達と一緒に大倉山の各所を歩き回りましょう!各所にクイズがあります。見つけて解答してください。沢山回ると高得点!ゴールした後に景品もあります。皆様是非ご参加ください♪・日時:11月27日(土)12:50集合・集合場所:太尾学童保育クラブ・実施時間:二時間程度・対象:未就学児(2022年度新一年生)の家庭・参加費:無料・予約方法:メールfutoogakudo@gmail.comにメールください・問い合わせ:045-531-5605予約メールには、代表者氏名、参加人数(大人と子供の内訳を記載)、連絡先(電話番号とメールアドレスの両方)を記載していただけるようお願いします。■注意事項■・当日に37.5度以上の発熱など体調が悪い場合は参加いただけません。キャンセルは必ず、お早めにご連絡ください。(留守電でも可)・大倉山の街中を歩き回りますので、安全に注意して、車道に出る、走り回るなどしないようご注意願います。・万が一ケガなどした場合は、消毒液や絆創膏の準備はございますので、各所の関係者にお声掛けください。・お店や施設の周りにクイズが隠されていることもありますが、各施設の業務に支障をきたさないよう、店員さんに聞くなどはお控えください。

父母ブログ

大倉山ウォークラリー

久しぶりにイベントが開催されました。前回のブログでもお知らせした「大倉山ウォークラリー」です。新型コロナ感染者がだいぶ減り、落ち着いてきた状況で久しぶりにイベントができないだろうかと3年生の父母の方々と指導員さんとで色々と考えてくれて「大倉山ウォークラリー」を行うことになりました。内容は太尾学童を出発し、地図に書いてある大倉山のスポットを周り、クイズや体を動かすなどのお題をクリアしてゴールの太尾町南公園にたどり着くというものでした。クイズは高学年の子ども達が考えてくれたそうです。お天気にも恵まれ、とても暖かく歩くにもとても気分がよかったです。感染予防として各学年のスタートをずらしたり等対策もとり行いました。

現役保護者の声

暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続きますね。学校も隔日登校が終わり、ようやく通常の日々が戻りつつあって、子ども達もクラスみんなが揃って会える日が嬉しいようです。来年ご入学のお子様がいらっしゃる方は就学準備など考えていらっしゃる頃だと思います。来月は就学時健診があり、いよいよ小学校という気持ちが高まってくるかと思います。学童選びで悩まれている方に少しでも太尾学童の内容が分かるように、現在太尾学童に通っている保護者の声を集めました。読んでいただけると幸いです。1、在所の子どもたちにとって・放課後、いろんな場所(大倉山界隈の公園だけでなく、綱島のモッキーまでいったことも)で過ごすことができる・親、先生とは違う、指導員、地域の方々、ほかの親と日常的に接点があり、大人との信頼関係を築ける・異学年が一緒に生活することでリーダシップや自分の意見に共感してもらうコミュ力が磨かれる・子どもたちがのびのびしている・上級生が下級生の面倒を楽しそうに見ている・大人と子供たちの距離が近く、安心できる・大家族のような雰囲気がある・将棋、コマ、あやとり、百人一首、火起こし、日曜大工、お菓子づくり、地域活動への参加など、家庭でなかなかできない経験や、親が教えてあげられない遊びを覚えてくる・アットホームな雰囲気。建物が一軒家なこともありまるで第二の家のよう・こどもが指導員さんを信頼している・1人っ子子育ての不安...

流し〇〇〇〇!?

夏休みが終わり、やっと学校開始!その矢先…また緊急事態宣言でクラスを半分に分けて隔日登校…。なかなかいつもの日常がかえってきません。そんな中、指導員さんがまた新しいイベントを考えてくれました。学童ではいつも夏に恒例の流しそうめんがありました。かなり本格的で毎年子ども達は楽しそうにやっていました。コロナ禍で食べ物系イベントは中止、流しそうめんも中止になってしまいました。しかし!今年は復活したのです!今年は「流しカルパス!」カルパスはご存知ですか?ウィキペディアによると、「細身のセミドライソーセージまたはドライソーセージの一種を指す」だそうです。個包装になっているのでそれを流して箸でキャッチするそうです。またまたカルパスだけではなく、ペットボトルのキャップが流れてきてこれをキャッチすると後でお菓子と交換できるそうです。時にはスーパーボールも混ざったりして、変化球が面白かったそうです。コロナ禍でストレスが溜まる日常に子ども達のために色々考えてくださる指導員さんには毎度感謝しています。流しカルパスも面白いけれど、早く恒例の流しそうめんができる日がくるといいなと願います。


アクセス